ドローン測量。こういう技術をもっている中小企業が君津市にあるってのは誇りに思いますね。

協力隊の活動ブログ

30度越えの炎天下の下、清和市宿で行われたドローン測量の取材に行ってまいりました。自動操縦のドローンからレーザーを照射してデータを集め、それを3D立体画像に生成。防災やインフラ保守の有益なデータになります。それがなんと人がやる測量の数十分の一のコストでできるんだそう。こういう技術をもっている中小企業が君津市にあるってのは誇りに思います。

測量終了後、山葉測量の小林社長さまに近隣の空き家を案内していただきました(ステキな古民家みつけましたよ~)。小林社長さまには改めて詳しいインタビューをし、ブログで紹介するつもりですので楽しみにお待ちください。

UAVレーザー測量 – 有限会社山葉測量
千葉県君津市南久保3-10-8

Miyama Masahiro

Miyama Masahiro

深山雅弘(みやま・まさひろ):千葉県千葉市出身。大学卒業後、都内の広告代理店やシステム開発会社、マーケティング会社などで新規事業開発に関わる営業や企画の仕事に従事。定年退職後は社会貢献できる仕事をしたいと千葉県君津市の地域おこし協力隊に志願する。主なミッションは空き家活用・移住促進、地域コミュニティ団体のコーディネーターも兼務。趣味はスポーツクラブ通いとエレキベース演奏。 eMail: miyama@movetokimitsu.jp

関連記事

おすすめ記事2

TOP