「こういう情報が知りたかった!」「この情報をきけたのはフェアにきて一番の収穫でした」と喜んでいただきました。

協力隊の活動ブログ

2023年9月17日(日)東京国際フォーラムで開催された『ふるさと回帰フェア 2023』に君津市として出展しました。ふるさと回帰フェアは、全国から390の自治体・団体が集合する国内最大級の移住マッチングイベントです。私も君津市の地域おこし協力隊に就任する前は、移住先の情報収集として毎年のように通っていました。今年は出展者としての参加です。

当日はコロナ禍前以上の大賑わいで、主催者サイトによると21,845人が参加されたそうです。子供が独立したので地方でゆっくり暮らしたいという年配のご夫婦や、未就学児をつれた子育て世代の若いご家族の来場が多かったですね。子供が小学生になると転校させるのはかわいそうなので、小学校にあがる前に移住先を決めたい。なので学校環境についての質問が多かったです。仕事はテレワークなのでどこでもいいと、時代は変わりました。

移住先で空き家を安く手に入れてDIYリフォームをして暮らしたいというニーズは高いですね。ただ不動産サイトや空き家バンクをみてもそういう物件はなかなかみつからない。そこでブースにタブレットを持ち込み、私がキャッチしているサイトに載せていない非公開物件を少しだけご紹介しました。これら物件はオーナーさんが売却する踏ん切りがついてなかったり、いくらで売りにだせばいいのかお悩み中だったり、家財がおきっぱなしや、痛みがひどく住むのにリフォームが必要な空き家です。

みなさま一様に「こういう情報が知りたかった!」「この情報をきけたのはフェアにきて一番の収穫でした」と喜んでいただきました。さっそく空き家の内見の約束をいただき、今日もこれからご案内に行ってまいります。近々、私がお手伝いしている「コミュニティ清和」主催でこのような空き家をめぐる「空き家ツアー」を企画していますので、その参加予約も受け付けました。入れ替わり立ち代わり休む間もなくの1日でしたが、たくさんの移住希望者の方とお話しできてやってよかったなと思います。おつかれさまでした。

第19回 ふるさと回帰フェア2023
https://event.furusatokaiki.net/fair2023/

Miyama Masahiro

Miyama Masahiro

深山雅弘(みやま・まさひろ):千葉県千葉市出身。大学卒業後、都内の広告代理店やシステム開発会社、マーケティング会社などで新規事業開発に関わる営業や企画の仕事に従事。定年退職後は社会貢献できる仕事をしたいと千葉県君津市の地域おこし協力隊に志願する。主なミッションは空き家活用・移住促進、地域コミュニティ団体のコーディネーターも兼務。趣味はスポーツクラブ通いとエレキベース演奏。 eMail: miyama@movetokimitsu.jp

関連記事

おすすめ記事2

TOP